自家製酵母のパン Tette.

自家製酵母パン おやつ。                         

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

風穴 氷穴。。 

風穴氷穴 3
日曜日の朝。
コーヒーを飲みながら 「あ~、ここ行って見たいなぁ!」
と、美味しそうなパン屋さんやお蕎麦屋さんが紹介されていたテレビを見ながらつぶやいた。

「よし、行くか!」と夫。
「うん♪ 15分で支度するっ!」と私。

15分後、河口湖に向かって出発(笑)


夫も私もオフ。
次女はおばあちゃんちにお泊りでいなかったけれど、
長女は珍しく、部活も習い事も、用事も無し。
みんながオフなんて、ここ最近はほとんどなくて。
この珍しい休日に
久しぶりに富士山へ向かってドライブ^^

独身の頃、こどもがまだ小さかった頃、
よくこんな風に突然出かけたっけなぁ。

私も仕事をするようになり、家族がみんなそれぞれ忙しくなって
こんな旅はだんだんできなくなっていたっけ。

なんだか、妙にワクワクして嬉しい^^


2時間半後には、河口湖へ到着。

とっても可愛らしい湖畔のパン屋さんで
たくさんのパンを買って湖周辺をドライブしながらお蕎麦屋さんも満喫^^
焼きたてのメロンパン、美味しかったなぁ。
写真撮るのも忘れてみんな食べちゃった(笑)
お蕎麦屋さんは、席に座ってからものすご~く待たされて^^:
打ちたてで、よっぽど美味しいんだろう!と思ったら、
地元でいつも行く、イチオシのお蕎麦屋さんのほうがず~っとおいしかった(笑)
でもそんなこともみんな楽しい旅の思い出^^

道の駅や野菜の直売所に寄り道♪
今はトウモロコシや桃がぷっくり美味しそうに並んでいます。
大きなスーパーがあったら寄り道♪


気の向くままにふらりぶらり。

気になる看板発見!「鳴沢氷穴」「富岳風穴」。
河口湖周辺は、何度か来たことがあったと思っていたけれど
これは知らないぞ!なんだかとっても気になる予感…。
車を停めて、歩いて行って見ることに…^^



風穴氷穴 2
最初に立ち寄ったのは 富岳風穴。
樹海の木々が生い茂る森の中を歩いて行くと、ぽっかりと大きな口を開けた入り口。
薄暗い階段を下がっていくと、「寒~いっ!」と言ってしまうくらいひんやりした空気です。


風穴氷穴 1
富士山の溶岩が流れ、固まって出来た横穴式洞窟が風穴で
氷穴は、固まり始めた溶岩内部から熱いガスや水蒸気が吹き出して出来た竪穴式洞窟。




風穴氷穴 4
こちらは氷穴の入り口。
風穴よりもっともっと寒い!ダウンジャケット着たいくらいの寒さでした。
準備のいい方たちは、ちゃんと防寒具をもって万全に。
もちろん、私たちは行き当たりばったり(笑)なので、真夏の装いで望みます…(笑)



風穴氷穴 8
氷穴は、こんなに狭いところを通ったりもしました。
今何か起きたら!!!と、突然不安になったりして…(汗)
怖かった~!


風穴氷穴 6風穴氷穴 5
氷の壁。
昔は冷蔵庫としても使用していたようです。


風穴氷穴 7
富士山の雪どけ水の伏流水で冷やされた氷の世界がとても幻想的でドキドキします。


真夏の暑さをひととき忘れることの出来た神秘的な体験でした^^
今回の旅のメインエベントはこの風穴と氷穴!
風穴のおみやげ屋さんで食べた とうもろこしソフトクリーム!
一口目は、???だったけれど、もう一口♪とあとをひく味で
おいしかったなぁ~^^

思いもよらず、素敵な旅が出来た休日の1日でした^^



風穴氷穴 9
帰りがけに寄ったスーパーで見つけた、富士山のパン(笑)
富士山っていうか、とがり気味のプリン?^^
愛嬌振りまく表情に、ついお買い上げしちゃった。。(笑)
一番喜びそうな次女が一緒にいなくて、ちょっと残念^^。

この日は富士山のふもとの町にいたにもかかわらず、
くもり空で一度も富士山を眺めることができませんでした~。。


そして、美味しそうなのを娘と選んで買った 桃4つ。
家に帰ってきたら、どこにも無い…。
桃、初桃、どこ行った~?ショック~><我が家らしいな。。(笑)

またふらりぶらりの旅、行こうね。。











スポンサーサイト
[ 2013/08/01 00:13 ] 旅。 | TB(0) | CM(0)

10数年ぶりに。。 

雪遊び。
子どもたちと約束して、雪遊び、とっても楽しみにしていたので
長野へスキーに行って来ました。

お昼頃にはスキー場へ到着。
とっても綺麗な青空とパウダースノー。
「お母さんも一緒にやろうよー!!」という声に押されて、
10数年ぶりにスキーをしました。
そう言えば、結婚してから行ったことなかったな。

私、リフトから降りれるんだろうか…汗。
少し練習してから、いちばんやさしいコースのリフトへ。

「お母さん、滑れるじゃーん!!」
かなり久しぶりのスキー。なんとか形になりました 笑

雪の匂い。風の匂い。森の匂い。とっても気持ちよかった。
長女とリフトに乗っていたら、
「家族でこんな風に来れて、贅沢だね。幸せだねぇ。」と長女。
ホントだね。。みんなで笑って、ありがたいね。。



帰りは産直のお店に寄ったり、地元のスーパーを覗いてみたり…が
我が家のお決まりのコース。
私達には珍しいけれど、その土地ではポピュラーなものを探すのが
とっても楽しいのです^^

髟キ驥弱″縺ョ縺点convert_20130121131208
肉厚でプリプリのきのこ。。


国産くるみ
あまり手に入らない国産のくるみ。



長野の美味しいりんご、シナノゴールド。
しょうゆ豆なんて言うものも見つけました^^
次の日は、たっぷりのきのこできのこ鍋♪


久しぶりに楽しい旅でした。。^^




       **********************

初春月のパンセット。ご注文いただいたすべての方にご連絡をさせて頂きました。
順番に焼いてお届けしております^^
注文したのに連絡が何も来ていない!方がもしいらっしゃいましたら
どうぞご連絡ください。。。



1月25日(金) 工房営業日  11:30~日没(売切まで)
  26日(土) 森山神社土曜朝市  10:00~お昼頃まで
  26日(土) 静岡掛川の「アンジュール」さんにてパンを販売して頂きます。
  27日(日) 逗子キリガヤ新社屋にて、「かみの市」に出店します 10:00~15:00

[ 2013/01/21 15:40 ] 旅。 | TB(0) | CM(0)

3泊4日。 

2012  キャンプ 山
8月は、家族みんなで計画していた
3泊4日のキャンプを楽しんできました。
今年は標高1400mの長野の山へ!

朝晩はとっても寒く、トレーナーをはおるほど。。
夜はテントの中で、寝袋に入って眠りました。
子どもたちは昨日まで熱帯夜だった生活から
ガラリと変わって、びっくりとワクワクで瞳がキラキラ^^

テレビもゲームも無くて、子どもたちは3泊4日に
音を上げてしまうのかな。。
と、思っていたのですが
最低限の物しかない、自然の中での生活。
確かに大変なことも、不便なこともあるけれど
みんながいつも一緒にいて、
みんなでご飯を作って、片付けをして、
川へ行ったり、山を散策したり、
バトミントンにトランプ、
美味しい山の水で入れたコーヒーを飲みながら
(子どもたちはココア^^)
降り注ぐような星を眺め、そんな瞬間に心から溢れる
言葉で会話したり。。
夜はあっという間に疲れて眠くなり、
朝は寒くて目が覚めて。

あっという間に1日が終わり、
あっという間の4日間でした。






2012  キャンプ 河原
山の上の河原は、
氷水のように冷たくて。
泳ぐ気満々だった次女は、それでも諦めきれずに
何度かチャレンジしては、「つめた~い><!!」
と叫んでいました。笑

写真を撮ったときはちょっと曇り空だったけれど、
この後、晴れた日の河原の景色は偉大で壮大でため息が出る景色でした。





2012  キャンプ 乗馬
子どもたちからのリクエストで
乗馬もしました。

子どもたち、練習して1人で乗れるようになりました^^
なんだかとってもかっこよかったです。



楽しい夏休みの旅でした。
また秋にもキャンプ行けたらいいなぁ。^^

[ 2012/08/22 22:30 ] 旅。 | TB(0) | CM(0)

初キャンプ。 

夏キャンプ  1
先週、家族で秩父にキャンプへ行って来ました。。
今年は家の都合で、遠出も、夏休みらしい事も
あまりしてあげていなかったので、
たったの1日だったけれど
テントを購入して、子供たちにとっては初キャンプです^^

テントを広げて、みんなで組み立てて。
「ここで泊まるの!?」
「みんなで寝るの!?」
初めてのことに大はしゃぎ^^ 
もちろん久々のキャンプで私も旦那さんも… 笑



夏キャンプ  きのこ
香りのいいきのこもたくさん。。


   
夏キャンプ 3   夏キャンプ 2
みずみずしい野菜たっぷり仕入れて
さあ、お昼はバーベキュー♪
・・・と思ったら、
「お腹空いてもガマンするから!!」
「後でみんなで手伝うから!!」
と子どもたちからの切なる願い。

とりあえず川遊び♪

荒川の上流は水もとてもきれいで
冷たくて気持ちよかった~。

 
いつもとはまた違う、
緑いっぱいの景色に癒されて。
子どもたちの楽しそうな笑顔を見て
また嬉しくて。


たった1日だったけれど、
来てよかったな。



夏キャンプ カレー
たっぷり遊んで、ほとんど夕方近くから
もう、お昼と夜…一緒のバーベキュー笑。

カレーは長女が担当してくれました^^
夏野菜たっぷりカレー。
とってもおいしかった♪

少し前までは
何から何まで旦那さんと私でやらなくちゃいけなかったこと、
4人で協力して出来るようになっていて。
ずいぶん大きくなったんだなぁ。なんて感心。。

これならまたすぐキャンプできそうだね^^♪



夏キャンプ  花火大会
夜には
ちかくで大きな花火大会のイベントがあり、
みんなで歩いて見に行きました。
胸に響く ドーン!という重低音が気持ちよく、
大きな花火が真っ暗な夜空から
美しく降り注いでくるのを
首が痛くなるほどみんなで見ていました。
(写真の花火は遠くて小さいけれど、もっともっと大きく降り注いでたんですよ~^^)


夜は満月の月明かりの中
コーヒーを沸かして飲みながら
線香花火をしたり…
テレビもゲームも電気の明かりも無い場所だからこその
大切な時間を家族4人で過ごす事ができました。




少し遅い時間に
テントで横になって。
少しゴツゴツした寝床に苦笑しながら、
次はもっと工夫しようね!なんていろいろ
相談しながら眠りにつきました。。
みんなが眠るまで
ずっとうちわで扇いでくれた旦那さんに感謝>v<



また秋にキャンプしたいね。。
家族でいけるうちに
たくさん楽しみたいね。

[ 2011/08/19 20:07 ] 旅。 | TB(0) | CM(0)

ふらふらっと。 

五箇山
週末にパンを配達したあと、
少し大きめのバッグひとつに、サササッと適当に荷物を詰め込んで
ふらふらっと、旅に出かけた。

綿密に計画をたてて…も
その時間が楽しいけれど、
私はもっぱら気の向くまま、ふらふらっと。
独身時代は思い立ったときが出発の時だったけれど
さすがにそういうわけにはいかなくなって。^^

仕事や学校の都合を少し心にとめつつ
久しぶりの遠出。

走っている途中に、大きな桜の木が見えれば
そっちのほうへ。
遺跡とか、古墳とかの標識や看板が目に入ると
ついついそそられて、そっちへ。
自家製酵母のパン屋!なんて手作りっぽい看板が
出ていれば、心おどらせて。

なんて、途中下車!?を楽しみながら
気がつけば夜遅くに
岐阜に到着^^

子どもが小さいうちは、車の中に布団を敷いて出かけて
夜中に現地に着いたら
景色のいい場所や釣りが出来そうなところで
車中泊なんてしょっちゅうだったけど、

かなり狭くなってきたので
突然の素泊まりで一泊^^

次の日は早起きして
世界遺産の白川郷、五箇山へ…

茅葺き
希少な合掌造の集落を守って生活しながら、
観光名所として提供してくれている場所です。
週末も祝日も夏休みも…
プライベートがなく、落ち着かないでしょうに。
古い文化を重んじて、村を愛して守って伝えてくれているのでしょう。
頭が下がります。

五箇山の集落は
タイムスリップしたように、
時の流れが止まったかのように
とても素敵なところです。



関東の桜はもう葉桜になってきているけれど、
こちらはまだ融けきらぬ雪が余韻となって
緩やかに、でも確実にやってきている春を
演出していた。
すがすがしい日差しが雪に反射して
目を細めてしまうくらいキラキラ眩しかった。

つくしやフキノトウがお辞儀をしているかのように
愛らしい姿で顔を出している。
雪解けの水の音?雪解けで増した沢の水の音?
うるさすぎず、邪魔にならず、心地よく
耳より心に響いてくる。


子どもたちは無意識に深呼吸して少し早足。
だんだん駈け足^^。
何度も何度も振り向きながら、
見えなくなるくらい小さくなったと思うと
すぐ後ろにいて、こぼれんばかりの笑顔で
それぞれの発見を息を切らしながら教えてくれる^^



茅葺きアップ
重厚なかわら屋根より、今どきの洋風のシンプルな屋根より、
なんだかなんだか茅葺きの屋根に心が引かれる^^

「日本むかしばなし」が大好きで。
小さなお山の上にちょこんと建ってる茅葺き屋根の一軒家。
そんな感じを思い出して妙に愛着を感じます。
どんな風に出来上がっているのか、興味があって
ジーっと見入ってしまいます。


とちのみ
お茶を飲んでいきなぁ。と出してくれたお土産やさんで
見かけた「とちの実」。
トチモチとか、とちせんべいとか、お土産にもらったことはあったけれど、
とちのみがどんなものなのかは知らなかった。
とちの実は、クルミなどの木の実と違って
苦くて山の動物たちも食べないんだって。
この実を山に拾いに行って、
丁寧にあく抜きをして、
手間をかけてやっと食べれるのですって。
お土産やさんのおばあちゃんが
教えてくれた。(おばあちゃん、いろいろありがとぅ。)
手作りのとちの実まんじゅう、素朴で美味しかった。




白川郷は素敵なところで、ゆっくり回りたかったけれど、
有名すぎて、観光客がものすごく多く。
自分もその中の一部になっているのだけれど…
すこし残念な。。。気がしました。^^:
でも、きっとまたふらっと…ね。

[ 2010/04/22 12:34 ] 旅。 | TB(0) | CM(2)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。